「朝は忙しくてスキンケアをする余裕がない!」

そんな方は、とても多いかと思います。

特に平日は、仕事のためや育児のために、しっかりとスキンケアができている人は少ないのではないでしょうか。しかし、朝だからこそスキンケアを行うべきです。

特にスキンケアをサボってしまうと、あとの代償が恐ろしい……

そこで今回は、朝忙しい方でもできるスキンケアについて、わかりやすくまとめていこうと思います。

  • おすすめの時短スキンケア
  • 洗顔をサボる代償

上記について、じっくりと解説しています。

朝のスキンケアを時短できる方法

早速、朝のスキンケアを時短できる方法について、3つまとめてみたいと思います。

  • ふき取り化粧水
  • 蒸しタオル洗顔
  • 泡洗顔料

一つずつ丁寧に解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ふき取りシート

朝忙しくて洗顔ができない方は、拭き取りシートなどを使ってみましょう。さまざまな種類があり、汚れを取るだけでなく「化粧水」機能がついたシートも販売されています。

手軽にスキンケアをすることができるため、忙しい方にはぴったりのアイテムです。

とはいえ、シート系のアイテムはどうしても肌を擦るため、摩擦による肌への負担がかかってしまうのがデメリット。忙しくてもゴシゴシ拭くのではなく、優しく丁寧に拭き取ることがポイントです。

蒸しタオル洗顔

蒸しタオル洗顔とは、蒸しタオルを洗顔代わりに代用する方法です。

40〜50℃くらいのお湯につけて温めておいたタオルを絞った後、顔に乗せてしばらくしてから優しく拭き取ります。湯気で血行が良くなり毛穴も開くため、手軽にスキンケアをすることができます。

終わった後に化粧水を塗る場合も、蒸しタオルのおかげで高い効果を発揮します。

泡洗顔料

もし、あなたが洗顔をする時に「泡だて」を手間に感じている場合は「泡洗顔料」を使ってみるのがおすすめ。あらかじめ泡で出てくるため時短にもなり、ふわふわの泡で優しく洗顔をすることができるでしょう。

また、泡洗顔にはさまざまなタイプがあります。「濃密泡タイプ」や「炭酸泡タイプ」、そしてニキビ肌向けなど、肌の悩みに合わせた泡洗顔料が販売されています。

必ずしも朝洗顔をする必要はない

朝のスキンケアとして洗顔をする方は多いですが、1日に何回、洗顔をしているでしょうか。朝と夜2回する人もいれば、中には1日一回という方もいるかもしれません。

洗顔料をつけて行う洗顔は、基本的には「朝」と「夜」の2回が推奨されています。とはいえ、肌質と季節によって例外があるため、正しい洗顔の回数もぜひ覚えておきましょう。

»洗顔をする最適な時間帯は朝と夜の2回がキホン

そのため朝忙しい方は、必ずしも朝洗顔をする必要はないことを覚えておくと、気持ち的にゆとりを持てるのではないでしょうか。

洗顔自体をサボると肌トラブルの原因になる

朝のスキンケアだけでなく、そもそも洗顔をはじめとするスキンケアをめんどくさいと感じる方も多いかもしれません。

しかし、定期的に洗顔をしないと、肌トラブルの原因となってしまうため要注意。もし洗顔をサボってしまうとどうなるのか、下記で詳しく解説しています。

ニキビができやすい

ニキビの原因となるのは、皮脂などに潜む「アクネ菌」です。

洗顔をサボってしまうと毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌が皮脂を栄養として炎症を起こしてしまいます。その結果、ニキビができてしまいます。

炎症のあるニキビを潰したり治療せずに放置したりすると、ニキビ跡が残る可能性があるためしっかりスキンケアをしておきましょう。

毛穴が黒ずむ

皮脂や汚れ、そして古くなった角質などが混ざり合うと白い塊、いわゆる「角栓」になってしまいます。この角栓を放置すると、空気や紫外線に触れて黒くなり、毛穴が黒ずむ原因となります。

毛穴が黒ずむと、実際の年齢よりも老けてみられてしまい、見た目の印象も悪くなってしまいます。

毛穴が黒ずむ前に、対処しておきたいですね。

シミができやすい

シミの主な原因は「紫外線」とされていますが、洗顔をサボった時に残る皮脂が原因となることもあります。

肌に長い間皮脂が残ると、酸素と結びついて「過酸化皮質」に変化してしまいます。これがメラニン色素を生成するため、シミの原因となるのです。

紫外線対策も重要ですが、洗顔によるスキンケアもシミ対策には需要だということを覚えておきましょう。

肌がくすむ

肌のくすみにはさまざまな原因が考えられます。

メイクや皮脂が残ってしまったり、乾燥が原因になったりすることで肌はくすんでしまいます。また、ターンオーバーが乱れてしまうことで古い角質が肌の表面に留まってしまい、くすみの原因となります。

正しいスキンケアをすることで、ターンオーバーを促進させてくすみ対策をしていきましょう。

異臭を放つ

酸素と結びついて変化する「過酸化皮質」は、異臭の原因になります。特に男性の場合は女性よりも皮脂が多いため、スキンケアをサボってしまうと気づかないうちに周りの人を不快にさせてしまうかもしれません。

「臭い」は自分では気付きにくいため、日頃からしっかりとケアをしておきましょう。

香水などで香りをつける前に、根本となる原因に対処すべきです。

自分の肌質に合わせてスキンケアをしよう

朝忙しい方でも行えるスキンケアはあります。「忙しい」からといって、スキンケアをサボってしまうと後で肌トラブルの原因となってしまうため、きちんとケアをしていきましょう。

またスキンケアは、自分の肌に合った方法ですることが大切。

例えば洗顔も、必ずしも「朝」と「夜」にする必要はないのです。季節や肌質など、自分の肌質に合わせたスキンケアをしていきましょう。

スキンケアの基本は下記の3ステップです。

  1. 洗う
  2. 潤す
  3. ケア(保湿)

初心者が覚えておきたい肌ケアの基礎の記事も、あわせて参考にしていただけると嬉しいです。