肌荒れが起こってしまった時、どのような対処法をしていますか?

洗顔を丁寧にしてみたり、スキンケア方法を変えてみたり、いろいろな対処法があると思いますが食生活はどうしているでしょうか。

実は食事は肌に大きな影響を与えているのです。

そのため、いつ、どのようなものをどのようにして食べるのかを知ることで肌荒れを防ぐことができるかもしれません。

そこでこの記事では以下のことを解説します。

  • 食べ物が肌に現れる期間
  • 肌荒れと食べ物の関係
  • 肌荒れの原因を招く可能性がある食生活・食べ物
  • 肌荒れを防ぐ1日の食生活
  • 肌荒れにおすすめの栄養素
  • きれいな肌を保つために食生活で意識したいこと

肌荒れを食事で良くしたい方、どのような食事が良いのかがわからない方にもおすすめの内容となっています。

ぜひこの記事を参考に正しい食生活に関してのヒントがみつかれば幸いです。

食べ物が肌に出るまでの期間はどのくらい

食べたものが肌に出てくるまでの期間は、およそ1カ月ほどかかるでしょう。

それは、肌の細胞の生まれ変わりと関係しているのです。

細胞はターンオーバーという仕組みにより生まれ変わりを続けています。

ターンオーバーとは約6週間のサイクルで新しい細胞に入れ替わるのです。

表皮の一番奥の基底層から新しい細胞が作られ、それが皮膚の上へと押し上げられます。

そして一番古い角質などが垢となり、表面に出てはがれ落ちるという仕組みになっているのです。

このターンオーバーのサイクルで細胞・肌が変わっていることから肌に影響があるのはおよそ1カ月くらいということになるでしょう。

肌荒れと食べ物の関係

肌は体においてもっとも状態が現れやすい臓器とも言われています。

そのため肌荒れが起こっていれば、体の内臓が悪い可能性があるのです。

悪化している状態を改善するには、体の中から肌に良いといわれている栄養素を食べることで大きく変化するでしょう。

このように肌荒れと食べ物、また体と食べ物は大きな関係があるのではないかと思われます。

肌荒れの原因を招く可能性がある食生活3選

春の花粉、夏の紫外線、秋は温度差があり冬は乾燥と肌はあらゆることが原因でトラブルを起こしてしまうでしょう。

それだけでなく、マスク生活でも肌荒れを起こしているかと思われます。

しかし、食生活でも肌荒れの原因を作ってしまうのではないでしょうか。

たとえばジャンクフードの食べ過ぎでニキビなど吹き出物ができてしまったことはないですか?

偏った食事ばかりで胃腸の調子が悪くなったこともあるのではないでしょうか。

このことから考えても、肌荒れの原因は食生活によっても起こる可能性があかと思われます。

  1. 食べすぎ
  2. バランスの悪い食事
  3. 水分不足

一度食生活を見直す良い機会ではないでしょうか。

では1から順に解説します。

1.食べすぎ

ついつい何かを口にしてしまう。特に、ストレスがかかったときなど食べすぎてしまう事もあるのではないでしょうか。

家にいるとあまり動かず、目の前にお菓子を持ってきて食べてしまうこともあるのではないかと思われます。

このような食べすぎは胃腸に負担がかかり、肌の状態を悪化させるのではないでしょうか。

2.バランスの悪い食事

仕事で忙しく、いつもコンビのお弁当ばかりということや朝は元気を出すためにエナジードリンクを飲んでから活動している人もいませんか?

このような生活をしているといつ倒れてしまってもおかしくないでしょう。

体に必要なタンパク質やミネラル、カルシウムが不足することにより体に変調をきたすのではないでしょうか。

バランスの悪い食事は体を徐々にむしばんでいくのではないかと思われます。

3.水分不足

体内の水分量が減ると体の状態が悪くなると思われます。

たとえば、家にいると同じ場所で座っていることで喉のかわきをあまり感じず、いつのまにか水分不足になっていることはないでしょうか。

また水分は血管やリンパ管を通じて体に必要な栄養素、酸素などを運び、いらなくなった老廃物を回収しています。

しかし水を飲まないと体の血液循環が悪くなり、そのままにしているとターンオーバーにも変調をきたすこともあるのです。

水分は少量をこめめに飲むことで体にいい影響を与えていると思われます。

肌荒れの原因を招く可能性のある食べ物3選

肌荒れを招く原因となる可能性のある食べ物とはどのような食べ物なのかなのでしょうか。

人の体にとってあまり良くないものとしては「糖質」「脂質」が体にとって良くないといわれています。

そのため、実際には次のような食べ物を気を付けた方がいい食べ物です。

  1. 脂っこい食べ物
  2. チョコレート
  3. カフェイン

では1から順に解説します。

1.脂っこい食べ物

脂っこい食べ物と聞くと頭に浮かぶのはやはり「揚げ物」でしょうか。

好きな方が多い「唐揚げ」「天ぷら」などが揚げ物ですね。

揚げ物は油を多く使うため、高脂質になりやすいでしょう。

また脂肪が多い食べ物は体に良い影響を与えるどころか「酸化」させてしまい悪い影響を与えることになるのです。

酸化は人の糖化を早めるといいます。

もう1つ、スナック菓子も体にあまりいい影響を与えないでしょう。

気軽に食べられることで多くの人がつい、口にしていませんか?

スナック菓子は満足感を得られる食べ物でもありますが、脂質が多く含まれています。

脂質は皮脂の分泌を促すことから吹き出物が多く出ることもあるでしょう。

2.チョコレート

チョコレートはニキビの原因になると聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

チョコレートは糖質や脂質が多く含まれていることで肌荒れの原因となってしまうのです。

しかしチョコレートの成分はカカオであり、カカオは人に何か悪影響を与えるかどうかは専門家の中でもまだ結論は出ていないのでしょう。

ただ糖質や脂質を多く摂ると肌荒れ、さらに悪化すると糖尿病にも発展する可能性もあるので気を付けた方がいいのではないでしょうか。

3.カフェイン

カフェインは刺激物でもあり、過剰な皮脂の分泌を引き起こす可能性があります。

にきびの原因や肌荒れの原因にもなるのではないでしょうか。

それだけでなく、胃に負担がかかることも知っている方が多いかと思われます。

カフェインには抗酸化作用があるビタミンCを破壊する働きがあることから気を付けた方がいい食べ物になるのではないでしょうか。

肌荒れを防ぐ1日の食生活とは

肌荒れを防ぐためにはどのような食生活をするといいのか、さまざまなパターンがあると思います。

ここでは朝食、昼食、夕食について解説します。

朝食

朝起きると時間がない。このような時、朝食を抜いてしまうことはないでしょうか?

朝食を抜いてしまうのは体にとって良くないことだといえるでしょう。

しかし、時間がどうしてもない方もいると思いますので、まずは牛乳1杯、バナナ1本でもいいので食べるといいかと思われます。

何かを食べるということが、交感神経のスイッチが入って自律神経整いやすいでしょう。

自律神経が整うと、ターンオーバーにも良い影響を与えると思われます。

まずは何か少しでも口にしてはいかがでしょうか。

昼食&夕食

お昼と夜はできるだけバランスの取れた食事をするといいのではないでしょうか。

ご飯やパン、麺類を主食にして主菜に肉、魚、卵、豆腐などをとれている人はいますか?

野菜や果物、海藻にきのこなどの副菜などもあるといいですね。

この他に、汁物として温かいお味噌汁などがあればとてもいいのではないでしょうか。

昼と夜の全ての食事で健康にいいものをるのは難しいと思われますが、少しの意識をしてみると体にとっても肌にっとってもいいと思われます。

肌荒れにすすめの栄養素

ここでは肌荒れにおすすめの栄養素をみてみましょう。

  • たんぱく質
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE

では1つずつ解説します。

たんぱく質

たんぱく質は肌の健康状態を維持するための必要な栄養素となり、重要な役割を果たしていると思われます。

肌だけではなく、健康な状態にもっていくことができるたんぱく質は必要不可欠な成分と言っていいでしょう。

たんぱく質を含む食材は、魚、卵、大豆に多く含まれているため1日の中の1食だけでも食べてみることで違ってくるのではないかと思われます。

ビタミンA

摂取してビタミンAになるβカロテンは脂質が過剰分泌してしまうのを抑制するでしょう。

そのため細胞の破壊や、日焼け止めから皮膚が荒れること防ぐという効果もあります。

またビタミンAは油と一緒に取ると吸収力が上がるため、炒め物などで食べるのもいいのではないでしょうか。

熱にも強いことから摂取もしやすいでしょう。

ビタミンAはレバー、卵黄、ほうれん草、人参、かぼちゃに多く含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB群にはビタミンが8種類が含まれています。

8種類それぞれがお互いに協調してエネルギー作りに関わっているのです。

そのためビタミンB群が不足してしまうと、体内でビタミンBは作ることができないことや貯めておくことができないため、肌荒れに大きな影響を与えることもあるでしょう。

たとえば紫外線に長時間さらされていることや睡眠時間が不足してしまうなど、さまざまなことがきっかけでストレスがかかる時などはできるだけ摂取しておくと体にとって少しでも楽になると思われます。

水に溶けやすいこと熱にも弱いことから生で食べるものがとてもいいのではないでしょうか。

ビタミンC

ビタミンCは強力な抗酸化作用があることから肌の老化である「酸化」を防ぐ役割があります。

それだけでなく、肌にいいコラーゲンを合成するという役割もあるでしょう。

そのため、ハリやシミ予防にも効果的だと思われます。

ビタミンCはピーマン、オレンジ、グレープフルール、ブロッコリー、イチゴなどに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEも抗酸化作用があります。

別の呼び名で「若返るビタミン」とも呼ばれていることもあるのはご存じでしょうか。

さらに4種類のトルコフェロール群、トコトリエノール群に分類されます。

たとえばトコトリエノールは血行促進によって体に効果をもたらすことも期待できるでしょう。

中には化粧品でも、取り入れられる栄養素になります。

ひまわりの種、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオなどに多く含まれています。

きれいな肌を保つために食生活で意識したい事3選

キレイな肌を保つためには、正しいバランスの取れた食生活を意識することが大切です。

では、どのようにいしたらいいのでしょうか。

  1. 腸内環境を良くする
  2. 栄養バランスのとれた食生活をする
  3. ファーストフードの食事を避ける

1から順に解説します。

1.腸内環境を良くする

スキンケアできれいな肌を保つことはできませんが、それだけでは限界があるかと思われます。

実は、腸が肌の状態を保つ1つの要因なのです。

意外かもしれませんが、腸と肌は深く関係しているでしょう。

腸内環境が悪くなり、栄養の吸収がされず、老廃物やガスがたまってしまうことで便秘になってしまうこともあるのではないでしょうか。

さらに肌荒れやニキビになる1つの原因にもなるかと思われます。

そのため、腸内環境を良くすることが肌荒れを防ぐ第一歩になりうるでしょう。

2.栄養バランスのとれた食生活をする

肌の状態を良くするには栄養バランスの取れた食生活が大事なことだと思われます。

仕事があり、食事はいつもコンビニ弁当の人や勉強が忙しくてスナック菓子で済ませてしまう人もいるもではないでしょうか。

しかし、肌のことを考えるとどちらも問題があるといえるでしょう。

まずは同じコンビニであっても、栄養の摂れるサラダをつけてみることや食物繊維が多く入っているヨーグルト、納豆を一緒に選ぶのも一つの方法ではないでしょうか。

このように少し変えるだけで肌に与えるダメージ、影響は大きいかと思われます。

まずは1つずつ、できることから考えてみてはいかがでしょうか。

3.ファーストフードの食事を避ける

今はとても手軽に摂れることで利用する方も多いのがファーストフードだと思いますが、どのくらいの頻度で食べているでしょうか。

栄養バランスがとりにくく、脂質や糖質が多いこともあるかと思われます。

そのことから考えるとやはりファーストフードでは肌に与えるダメージも日々募ってしまうでしょう。

今、週に3回食べているのであれば2回に減らしてみるなど、無理のない範囲で変えていってはいかがでしょうか。

まとめ

食事は肌荒れを防ぐ働きを持ち、大きなポイントとなるでしょう。

肌にすぐに直結すると考えてもいいかもしれません。

そのため、少しでも意識をして食事をしてみると肌は敏感に反応し、良い方へ向かっている変化がわかると思われます。

肌荒れを食事の面で良くしたい方、どのように食事をしていいのかがわからない方に、この記事が1つのヒントとなれていれば幸いです。